超・後発組ネットビジネス成功法則バックナンバー2

バックナンバー2

3通目 「アフィリより断然簡単なんて!」お約束どおりマツイさんの補講を、 本日よりお届けします。

お約束どおりマツイさんの補講を、本日よりお届けします。

まさか本当に配信されるとは、思ってなかったでしょー(笑)

で、次回配信の予告ですが

これもマツイさんから教わった独自のネットショップ運営方法を

実践されている方々の紹介も含めて公開しますねー

もちろんマツイさん講座の続きがメインですが

アフィリエイトやコンテンツ制作のための新たなステージとして、

自分のショップの立ち上げは手掛けた方がいいんですよねーー

しかも無料で運営できるというからたまりません!

お楽しみに—-

ではここからが本題です。マツイさんに引き継ぎますねー

>>どうも!マツイヒロキです。

今日から補習が始まります。

コンテンツメイキング編の「イントロダクション」の部分については、

もうご確認はお済ですか?
http://matsuihiroki.xyz/contentsmaker2016/contentsmaking/
★こちらはメルマガ登録いただいた方のみの公開となります。

いきなりで恐縮です。

昨日言ったばかりなので、まだお済でない方も少なくないかもしれませんね。

最初はゆっくり進めます。どうぞご安心ください。

ところで、あなたは今ネットビジネスで何をメインに取り組んでいますか?

転売?

アドセンス?

アフィリエイト?

人それぞれだと思います。

私自身はまずアフィリエイトから始めました。

「初心者はアフィリエイトから始めよう!」って、入門書に書いてあったからです。

でも、まったく稼げませんでした。

ネットビジネス初心者にとっての最初の壁は月収10万円といわれています。

私が初めてこの壁を突破したのは、アフィリエイトを知ってから半年後でした。

でも、「アフィリエイト」で稼いだわけではないんです。

それこそ、『コンテンツビジネス』で壁を突破したんです。

 

しかも、月10万円どころか、40万円以上稼いでしまったんです。

アフィリエイトでまったく成果が出なかった私ですら、

コンテンツビジネスに着手したら瞬く間にサラリーマンの月収くらい稼いでしまった。

これって、不思議なことでしょうか?

あれから12年。今にして思えば、まったく不思議なことでも何でもありません。

むしろ、「当然」と言っても良いでしょう。

このあたりについては、今日の補習音声でお話ししますね。

■では、本題に入ります!

↓  ↓  ↓  ↓

「マツイさん、早く次の商品(コンテンツ)を出してください。すぐ買います!」

そうですか、それならばと、読者に促されるがまま翌朝メールを一本投げれば、

その日のうちに、3万円くらいの商品なら50本くらいメルマガから売れます。

ちなみに、私の現在のメルマガは「200部」くらいの弱小部数です。

2千部でも、2万部でもありません。

あなたでもその気になれば、たぶん2~3ケ月で集められるであろう、

たったの「2百部」です(笑)

もちろん、あれから私が一貫してやっているのはアフィリエイトではなく、

完全オリジナル商品の自己販売「コンテンツビジネス」です。

希少性、独自性を売りにしている私の商品コンテンツは、

今では、アフィリエイターさんに紹介をお願いすることすらほとんどなく、

ほぼ全てが私の「利益」になります。

私が最初に挑戦したのは、アフィリエイトです。

でも、アフィリってハッキリ言って難易度高すぎます。

昔から難易度が高かったんだけど、ここ数年はさらに輪をかけて難しくなっています。

Googleのアップデート、Yahooの広告規制などなど環境の変化が激しすぎます。

さらに、最近ではライバイルのレベルが格段に上がってしまったことも大きいです。

「ライバル」といっても腕の良い個人だけでなく、立派な企業までもが、

どんどんアフィリ業界に参入してきているという事実もあります。

こうした諸々の要因が、アフィリエイトのレベル、難易度を急激に押し上げています。

もはやド素人が片手間にやるようなビジネスではないってことです。

ですが、それ以上に「アフィリって難しいよね」って私が思う理由が別にあります。

それは、「他人の商品をちゃんと紹介する」ことの難しさです。

他人の商品をちゃんと売るには、その商品のことはもちろん、

商品の作り手のことまでしっかり把握しておかなければなりません。

どこまで調べ尽くしても、他人のことなんか正確には分かりようがありません。

仮に分かったつもりでいても、その商品や作り手の価値観をどこまで共有できるか?

このように考え出すと、心底惚れて紹介してみたいと思えるような商品なんて、

そうそう世の中にあるものではありません。

さほど惚れてもいない商品案件なのに、

作業時間だけはベラボーにかかってしまう。

正直ちょっと、虚しくなります。

でも、それがアフィリエイトというビジネスの実像でもあるのです。

そんなアフィリエイトなんかと比べたら・・・

・自分で作りたい時に、

・作りたいものを作って、

・売りたいときに自分で売るビジネス

つまり、「コンテンツビジネス」っていうのは、実にすがすがしいです。

自分のことは自分でよく分っています(少なくとも他人のことよりは)。

「自分が何に価値を感じているのか?」

「どんな商品が世の中にあったら良いか?面白いと思えるか?」

こうしたことも全部分かっています。

問題は、そのような商品を「自分が作れるだろうか?」ってことだけです。

結論から言うと、ちゃんと作れます。

少なくとも、このメルマガを最後まで読んでくれたら「作り方」まで分かります。

 

たしかに、数あるネットビジネスの中で、「コンテンツビジネスが一番難しい」

なんて思っている人はめちゃくちゃ多いのも事実です。

でもね、それって勘違いも甚だしいですよ。

簡単ではありませんが、難しくもありません。

いや、正確に言うと・・・

・簡単な人にとっては、これほど簡単なビジネスはなく、

・難しく考えすぎる人にとっては、必要以上に難しくなってしまう。

それが、「コンテンツビジネス」の特徴です。

なので、「めちゃくちゃ簡単です!」とまでは言いません。

誰にとっても簡単とは言い切れないですからね。

ですが、人によっては「めちゃくちゃ簡単!」と間違いなく思えてしまう。

少なくとも、その可能性が大いにあるのがコンテンツビジネスなのです。

にもかかわらず、コンテンツビジネスが難しいと

信じて疑わない人が多い理由は、

ネットビジネス系の指導者たちの「都合」によるところが大きいです。

たとえば、多くの指導者は次のようなことを「指導」します。

(1)まずは、アフィリなど初心者でも取り組める(?)簡単なことから始めましょう。

(2)次に、アフィリ等である程度「実績」を上げたら、メルマガで情報発信しましょう。

(3)情報発信しながら、自分の「経験」を独自コンテンツにして、販売しましょう。

こんなふうに、ようやく最後の最後に「コンテンツビジネス」が登場します。

まあ確かに、作業量に対して最も効率よく、しかも大きく稼げるのは、

誰がどう考えても、コンテンツビジネスに相違ないわけです。

それを最後の最後にもってくるのは分かるような気がするんだけど・・・

さすがにこれでは、遅い!遅すぎる!!!

人生は短い。最終的に「コンテンツビジネスやろうぜ!」っていうんなら

最初からやればいいじゃん、って私なんぞは素直にそう思います。

そもそも、上記の(1)→(2)→(3)と順番通りにやらせておいて、

一番得をするのは誰でしょうか?

ハイ正解! 指導者ですよね?

「一番目が出来ましたね?じゃあ二番目に着手してください」

「二番目も出来ましたか?よく頑張りました。では三番目にチャレンジしてください」

指導者先生は何年間もかけて受講生さんから受講料を取り続けることができるわけです。

これをLTV(ライフ タイム バリュー)と呼んだりします。

一人のお客さんから、いかに継続的に利益を上げるか?という考え方です。

もちろん、商売人にとっては非常に重要な考え方です。

商売人なら、常にLTVくらいは意識しなければなりません。

その意味では、指導者先生も実に立派な商売人なのです。

ですが、これから「商売人」(=ネットで稼ぐ人)になろうとしているあなたが、

他人の商売に付き合う必要など、まったくありません。

ストレートに素早く&大きく稼げる商売を「今すぐ」手掛けたほうが賢明です。

しかも、最も素早く&大きく稼げる「コンテンツビジネス」というのは、

世間が思っているほど難しいものではないのです。

難しいと思わせておくことで都合の良い人たちが多いので、

みんなが勝手に難しいものと勘違いしているだけなのです。

それでも、あなたは「何かで実績がなければコンテンツなんか作れないじゃないか?」

と言いたそうにしてますね?

たしかに、実績は邪魔にはなりません。無いより有った方が良いに決まってます。

ですが、その程度のことです。

無いより有った方が良いが、無ければ無いなりに何とでもなる。

その程度の話なんですよ。

大体、実績だけがコンテンツの価値の全てであるなら、

世の中には、そっくり似たようなクソつまらないコンテンツで溢れてしまいます。

つまり、コンテンツの価値というのは、

「実績」だけで規定されるものではないってことです。

このあたりは丁寧にお話しする必要がありそうですね。

ハイ、お待たせしました。

※第1回目の補習音声をお聴きください。

★特別に今回のみ公開しています。

→ https://matsuihiroki.xyz/0/2016sb/0101sb.m4a

追伸

次回(第2回)も「コンテンツメーカー2016」をベースに話を進めてまいります。

コンテンツメイキング編の「イントロダクション」の続きの話です。
http://matsuihiroki.xyz/contentsmaker2016/contentsmaking/
ログインパス ★こちらはメルマガ登録いただいた方のみの公開となります。

追伸2

実際に、コンテンツメーカー2016をご参照いただいたのち、

アフィリエイトとは比べ物にならない

大きな利益を獲得されている方も少なくありません。

現在私と一緒にコチラの企画を

手掛けている久保裕樹さんもその一人です。


https://yk7s.jp/l/c/N1lXxtrC/ExbWzYZ2

このレターには私の実績も掲載されておりますが、

むしろ久保さんの実績に注目して欲しいです。

正真正銘、彼がまったく初めてコンテンツビジネスに挑戦し、

月の利益550万を獲得した時の事例がそのまんま紹介されています。

やる気出ません?

ではまた明日!

・講座提供者:マツイヒロキ
https://sedori.online/tdk/pub/s.php?8410RO

4通目 「いろんな三角形があっていい」自らの得意な事を生かしてのネットショップ運営って? 無料で出来る方法とコンテンツメーカー講座の続編です。

こんなもの見つけました

https://kandatsubasa1.com/l/c/W0p08sXF/rB1lo0EF

今回は独自のネットショップ運営を

実践されながら、自らの得意な事を生かして成果につなげたり

実際にコンテンツや現物を販売されている方々を紹介していきます。

あ、マツイさんの講座が気になって仕方ない方は

スクロールしてそちらにどうぞ。今回少し長くなっちまいましたから。

身近にお世話になり、いろいろと参考にさせていただいたんで

キッチリとご紹介したいんです。

ということで、謎の美女軍団を3名ご紹介しますねー

★まずは【NOZOMIさん】

ショップはこちらから入れます。

https://bravancebox.stores.jp/items/5d4010c90838290ee602a12b

実は私のレポートの表紙画像を、

昨年無料でモニター作成いただいた大恩人なんです。

運営されているブログはこちら→https://nozomistory.com/

作成依頼させていただいたレポート画像はこちらで見れますよーー

私が自分で無理やり作った怪しげな画像も 爆

https://hikacd.com/secret-the-report/

現在独自のオンラインサロン運営をされております。

★そして【ゆかさん】

ショップはされてないのですが、

note記事やYoutube,twitterを駆使する達人です。

ワードプレス構築が専門で、

貴重な無料レポートや動画を配信されています。

ゆかさんには読者プレゼントで【せどりの新刊本】を頂きました(笑)

あ、だから紹介したわけではありませんよー

ゆかさんのブログ

https://yuka001.com/

twitter

https://twitter.com/yu_ka2018

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UC7thDjbISOvEKXoyLOqAUGg?view_confirmation=1

★最後に【なみさん】

なんと筆文字の達人で

オリジナルグッズの制作販売を軌道にのせられてます。

ショップはこちら→https://nanananetbuiz.stores.jp/

私はすっかりリピーター状態で、独自販売の1つの理想形かなと思い

ウォッチし続けてますねー

という感じでカンタンに無料ショップを運営出来て

うまくいけば収入になるんです。

私すらショップやってますから→https://hikacd.stores.jp/

ほとんど無料配布中ですけど(笑)

こちらでも色々な方々をご紹介しています。

https://bit.ly/3138jRT

やらなきゃソンですねー

長くなったので次回は

カンタンなショップの立ち上げ方と、

男性陣のアフィリエイトコンテンツ系や、

実店舗で焼き鳥屋をやりながら

ショップされてるかたなども紹介していきます。

あとラクチン転売に興味があるならこれを見てください。

普通のオバちゃんが出てきてびっくりします(笑)

https://sedori.online/tdk/pub/s.php?7320tf

もちろん私のフォローアップつき。

https://raku-sedori.com/yurusedo/

ご紹介している教材を私から購入された方には

1.実践フォローの90日チャットワークサポート参加権利

2.マツイさん作成のステップメール講座特典

「The Work一劇筆札」をプレゼントいたします。

http://yk7s.jp/l/m/pji2R3Zc0GQWhM

(先行時23,000円→最終募集価格は36,000円の商品です)

なんでも質問があれば、お答えしますよー

「しょーがねぇな。送ってやるか。」

そう思ってくださるなら
簡単に送信できますよー♪
コチラからどうぞ!

なんでも質問・問い合わせフォーム

では今回もマツイさんに引き継ぎますねー

どうも、こんにちは!マツイヒロキです。

アフィリエイト等よりも断然簡単なのが「コンテンツビジネス」。

そんなコンテンツビジネスを手掛ける人のことを『コンテンツメーカー』。

私はそう呼んでいます。

で、今日もまたこのメールを開封してくれたあなたは、少なからず、

『コンテンツメーカー』に興味を持っているはず。

ならば、今からなっちゃいましょう。コンテンツメーカー。

資格試験もありません、学歴も不要です。そして、「実績」すらも・・・

「なる!」と決めた瞬間に、なれてしまうのがコンテンツメーカーです。

そのための第一歩は、あなた自身の「三角形」を見つけることです。

コンテンツメイキング編の「イントロダクション」の続きです。

コンテンツメイキング編 – ContentsMaker2016 Member's

ログインパスは秘密・・・

実績が無いからコンテンツメーカーになれない・・・なんて大嘘です。

コンテンツメーカーになった途端に、「実績」は後から付いてくるものなのです。

少なくとも、「私自身」はそうでした。

いや、私だけでなく、前回紹介した久保さんはじめ、私の周りには、

コンテンツメーカーになってから実績が付いてきた人が少なくありません。

たとえば、HIKAさんなんかもそうです。

ほら。kindle本なんか出しちゃって。

https://www.amazon.co.jp/~/e/B08GCW36H4

もっと気軽に参入していいんですよ、コンテンツビジネス

そんな思いを込めて、今日も早速始めます。

※補習音声(第2回)をお聴きください!

→ https://matsuihiroki.xyz/0/2016sb/0222sb.m4a

今日の音声のポイントは・・・・
===================================

(1)コンテンツメーカーに求められる資質は「実績」ではなくて・・・・

(2)どんな「三角形」を描くのか?で、個性と独自性が決まる

(3)「実績ゼロ」の人はどうする?それでも大丈夫な理由

===================================

さて、いかがでしたでしょうか?

実績に囚われ過ぎることのバカバカしさ、感じてもらえたんじゃないでしょうか?

第3回目の明日は、コンテンツメイキング編「第1章」を補講します。

明日もよろしくお願いします!

追伸

もし、私のことを知っている人が知り合いに居たら、聞いてみてください。

「マツイヒロキという名前聞いて、思い浮かぶ言葉は?」

かなりの人が、マツイといったら、『日常のコンテンツ化』って、

返してくるんじゃないかと思うんです。

それくらい、第1章の「日常のコンテンツ化」は、私の代名詞みたいな存在です。

そして、これが分かると、コンテンツビジネスの可能性がグッと広がります。

追伸2

えっ!まだ実績が無ければ勝負にならないと思ってるって?

まあ、それも仕方が無いかもしれませんね(笑)

でもですね、コンテンツメーカーとして稼ぐために必要なことって、

マジで実績じゃないんですよ。

実績ではなくて、「アイデア」なんです

コンテンツアイデアさえあれば、実績なんてどうにでもなるんですよ。

コンテンツビジネスをやっているほとんどの人って、

そこそこ実績はあるんだけど、「アイデア」が無いんです。

なので、一つか二つ商品を作ることは出来ても、

それを何年も売り続けることができなかったり、

次の商品、また次の商品と繰り返し作って売ることが出来ないんです。

無理もないんです。みんな『アイデアのつくり方』を知らないんで。

どうぞご安心ください!

その『アイデアのつくり方』なるものが、どのようなものなのか?

明日お話しするつもりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・講座提供者:マツイヒロキ
https://sedori.online/tdk/pub/s.php?8410RO

コメント

タイトルとURLをコピーしました